Original Hair Method

ぷよぷよお腹をどうにかしたい!どうして産後は太るの?ダイエットはどうしたらいい?

知っていますか?産後に太りやすくなる理由

出産したらお腹に脂肪がついて落ちないとお悩みの方は多いのではないでしょうか。出産すると赤ちゃんや胎盤、羊水などを含めて5~7kgほど落ちますし、母乳育児であれば栄養を赤ちゃんに取られるため、ある程度体重は落ちます。しかし妊娠中にそれ以上太った分は皮下脂肪としてお腹についたままです。また、出産時には胎児を通すために骨盤が一時的に開き、産後は自然に閉じようとします。ところが、産後に赤ちゃんの抱っこや授乳のしかたなどで体の片方にばかり体重がかかるような体勢をとっていたりすると、骨盤が歪んでしまうことがあります。骨盤が歪むと、中に入っている組織や血管の位置がずれて圧迫され、血行やリンパの流れが悪くなり、冷えて代謝が落ち込み、脂肪をため込みやすくなります。また、妊娠中にたくさん食べる癖がついてそのままだったり、母乳をあげるのでお腹がすいてひたすら食べてしまったりで、カロリー摂取過多に陥りやすくなります。このような理由から、産後は太りやすくなります。

これが有効産後ダイエットで気をつけること

しかし、産後は、脂肪が柔らかくて燃焼しやすく、また骨盤も動きやすい時です。ダイエットして体のラインを整えるのに最適な時期なのです。産後ダイエットには、骨盤の矯正と食事内容に気をつけることが有効です。骨盤矯正には骨盤ベルトを活用するといいでしょう。骨盤ベルトはしめる位置を間違えると意味がないため、産婦人科でアドバイスを受けることをおすすめします。また、接骨院などで骨盤矯正整体を受けるのもおすすめです。骨盤矯正は産後半年ごろまでに行うのがおすすめです。食事に関しては、脂っこいものや甘いものを過度に摂るのは避け、バランスの良い食事を摂りましょう。

産後ダイエットとは産後半年間のあいだに妊娠前の身体の状態に戻すことを指します。特に出産後胎児や胎盤が抜けてたるんだウエスト部分の補正が目的です。